起きている時に、思いもよらずあくびが出ることはありませんか?

あくびが出るのは眠気によるものと考えられることが多いですが、実はそれだけではありません。

今回は、あくびが出る原因とその対処方法について紹介します。

                                                                                                                                                                                                                        

あくびが出る時の眠気以外の原因は?

あくび



1つは気分的な問題で、
退屈していたり緊張している
時ですね。



退屈していると脳が活動しづらくなるので
それを解消するためにあくびが出ます。



口を開くことでも筋肉が伸ばされたり、
口から空気を吸うことで脳に酸素が送られて
脳の活性化につながります。



退屈している時はあくびが出るというのは
イメージしやすいですね。



意外なのが緊張している時に
出るあくびだと思います。



あくびには緊張をゆるめたり
口から空気を吸い込むことで
浅くなった呼吸を改善させる効果があります。




もちろん、こうゆうことを
考えてあくびをするわけではなく
体が自然に行っています。



それと、もう1つが脳の疲れです。




頭を長時間使い続けたり
ストレスがたまっていたりすると
頭がだんだん鈍くなってきて
あくびが出やすくなります。



これらは休めば解消することができますが、重い病気の症状としてあくびが出る場合もあります。

次のページに続きます。