特定の食べ物を食べると、肌が異常にかゆくなる
そんな経験のある方はいませんか?


人が持っているアレルギーのためにかゆみを感じることはありますが、
原因は人の体以外にもあります。

                                                                                                                                                                                                                        

かゆみを感じる原因は?

かゆみ1


人がかゆみを感じる原因はいろいろあります。主なものを挙げると、


乾燥によるもの
食べ物やダニなどに対するアレルギーによるもの
熱いお湯につかったり、冷たい空気に触れたりすることによって起きるじんましんによるもの


などがあります。

肌が乾燥して、かゆくなってかいてしまうと、
もっとかゆくなるという経験をしたことのある方は多いと思います。


肌が荒れている状態で、肌をかくとかゆみを生じさせるヒスタミンという物質が出てしまって、
さらにかゆくなるという悪循環にはまってしまいます。


食べ物を食べた場合にかゆくなるというのもこのヒスタミンが関係しています。

かゆみを生じやすい食べ物と対策

かゆみ2

食べ物を摂取したことによってかゆみが生じる原因は食べ物に含まれるヒスタミンです。ヒスタミンにはかゆみを生じさせやすい性質があります。


ヒスタミンを含んでいる食材は


ホウレンソウ、トマト、とうもろこし、なすび、
豚肉、鶏肉、牛肉、チーズ、ワインなどです。


さらに、加工食品なら辛いものや添加物が含まれる食べ物がそうです。


これらを食べないようにして生活しようとするのは無理がありますし、
少し食べたところで、かゆくなるなんてことはほとんどありません。


ただ、体調が良くない時にたくさん食べるのは避けたほうがいいと思います。


特に、これらの食べ物に対して自分がアレルギーを持っていると自覚している人はなおさらです。



ではどうしたらいいかというと、
食材なら火を通したり、アクを抜くことで、ヒスタミンをかなり取り除くことができます。



なので調理さえしっかりすれば、かゆみを生じさせる要因をかなり軽減することができます。


管理人も上で書いた食材をガンガン使って自炊してますけど、火をしっかり通しているので、かゆみを感じることは全くありません。


肉類は生で食べるのが好きな方でかゆみを感じるという方は、
しっかり焼いて食べる機会を入れて頻度を減らしていけばいいのではないでしょうか。


かゆみまとめ

食べ物によって生じるかゆみの場合は、調理をしっかり行うことで予防できます。

また、ヒスタミンを多く含む食べ物を摂りすぎないように気を付ければ、かゆみの対策するのは大変なことではないと思います。