8月26日のためしてガッテンでは、スタミナを上げる方法が公開されます。
重要なことは、体の中の細胞にあるミトコンドリアを増やすことだそうです。

今回は、ミトコンドリアを増やす方法やそれ以外のスタミナを上げ方についてまとめました。

                                                                                                                                                                                                                        

スタミナ上げる方法って何があったっけ?

スタミナ4


スタミナを上げる方法っていうと
真っ先に思いつくのはドリンク剤かもしれませんが
効果は本当にあるのでしょうか?


飲んだしばらくの間は意欲に満ちあふれます。
でも、効き目が切れると疲れがドカンと来ます。


ドリンク剤の成分を見ると分かりますが
たいていアルコールが含まれいるはずです。


アルコールが入ることで、
体をある種の興奮状態にさせているだけなんですね。


なので、短期的には効果はありますが
長続きしないですし
飲むクセを一度つくと厄介なので
あまりおすすめではありません。



スタミナをつけるには
普段から規則正しいを生活をして
ジョギングやランニングなどの有酸素運動を行うことで
体力をつけていくのが最も長続きすします。



また、食事については栄養をバランスよくとることが
前提ですが、スタミナアップに効果のあるのものを紹介しておきます。


チーズ、玉ねぎ、山芋、ピーナツ(落花生)を食べるようにすると効果があります。ピーナツは他にも生活習慣病の予防、冷え性の改善にも役立ちます。

 

また、体力をつけるには納豆やラム肉が効果的ですね。

ミトコンドリアを増やす方法は?

増やす


まず、ミトコンドリアというのは
人の体に60兆ほどある細胞全部に含まれる1つの器官であり、
細胞が活動するために必要なエネルギーを作っています。


ミトコンドリアは年齢とともに減っていくため
エネルギーを作り出す力は次第に弱くなっていきます。


すると、代謝などが活発に行われなくなり
生活習慣病やがんなどの病気にかかりやすくなってしまいます。


ただ、このミトコンドリアは習慣を生活に取り入れることで
増やすことができます。


その習慣というのは

1つは、お腹が空いた状態を作ることです。
1日3食食べていた人が、いきなり2食とか1食するとかではなく
食べる量が普段よりも少ない日を週に1~2回あれば大丈夫です。


例えば、朝はパン1枚、昼はうどん、夜も少なめとかですね。
こうすることで、ミトコンドリアは増えていきます。


他には、自分が少しきつく感じる有酸素運動をしたり、背筋を伸ばすのも
効果があります。

まとめ


スタミナを上げるには、普段の食事や運動などの生活を改善する他にミトコンドリアを意識して増やす方法があります。


ミトコンドリアが増えれば細胞の活動が活発になるため、健康になりますし病気にもかかりづらくなっていきます。