6月10日のためしてガッテンでは、食事にある工夫を加えることできる糖尿病の改善方法が紹介されます。

糖尿病は生活習慣病の1つで、これまでは食事を制限したり、運動したり、薬を飲むことが有効であると言われてきました。

しかし、今回の放送ではこのようなものとは違い、食事内容を見直すことによって改善する方法が紹介されるでそうです。

その方法というのは・・・

                                                                                                                                                                                                                        

食物繊維を使った糖尿病改善方法!

食事


です。


そもそも、糖尿病になる根本的な原因はいろいろありますが、
体の血糖値が高いままの状態が長く続いてしまうとかかることが多いです。


もちろん、誰でも食事をすれば血糖値は上がりますが、
血糖値が上がると体内のインスリンが血液中の糖分を体が吸収できる形に変えることで、体は糖分を取り込み、血液の中の糖分
は減っていきます。

要するに、インスリンには血液中の血糖値を下げる効果があります。


逆に、血糖値を下げる役割があるホルモンはインスリンだけなので、
これを分泌させる以外には糖尿病を改善させる方法がありません。


なんらかの原因で体内でインスリンが分泌されなくなったり、摂取した糖分がインスリンが処理できる範囲を超えてしまうと、血液中の糖分が多くなってしまいます。

これをきっかけにして、糖尿病が引き起こされます。


まぁ、食事している時でも、自分が食べられる分量を大きく超えて食べればお腹をこわしたりしますしね。

許容量を超えて何かをしようとすると、どこかしらに歪みが現れるのは当たり前な気もしますが。


冒頭でも書いた通り、糖尿病の改善方法は食事制限をしたり、運動したり、薬を飲んだりという方法がありますが、今回のためしてガッテンの放送では、インスリンの分泌を活性化させる食材を使った食事をとることによって改善する方法が紹介されるようです。


ここで、ポイントになるのが食物繊維です。


食物繊維には腸の中のインスリンを分泌させるはたらきがあり、インスリンが血糖値を下げてくれます。


食物繊維は糖尿病にも有効ですが、他にはがんの予防や便秘などにも効果があります。
では、食物繊維をたくさんとれる料理ってどんなものがあるんでしょうか?

「病気に効く食事って、確かに健康的だけど美味しくないんじゃない?」とか「自分で作るのってなんだか面倒臭そう」と思う人のために、

自宅で簡単に作れて、美味しく食べられるものを紹介します。

食物繊維が摂れるおすすめメニュー

メニュー


食物繊維が豊富に含まれる食べ物というと、

穀物
いも類
豆類
野菜
果物
海藻
きのこ類

 

などです。

ただ、食物繊維は体内で消化されないので、胃腸があまり強くない人が摂りすぎると体調が悪くなることがあります。


そんなことを書いてる管理人も玄米ばかり食べていたら、お腹が痛くなった時があります。

その時は、原因が分からなかったんですが、こういう理由だったんですね。


なので、食物繊維を意識して摂る場合は、ゆでたり、煮るなどしてしっかり火の通ったものを食べるにようにしたいところです。


そこで、食物繊維が火の通った形で摂れて、食べやすい料理を探した結果・・・


ピッタリなものが見つかりました!
これ作ったら美味しそうなので、糖尿病以外の人にもおすすめです。


特に押し麦、いんげん、きのこという食物繊維を含んだものが多く使われています。

普段の食事なら、麦のような穀物をスープに入れることはあまりないかもしれませんが、
食物繊維を意識的に摂りたいなら、入れるとよいです。

まとめ

糖尿病を治すのに、運動を始めたり、食事を制限したりするのは何となく抵抗があるという人もいると思います。


特に、普段は運動しない人なら、新しいことを始めるのには相当なエネルギーが要るはずです。


しかし、食事の内容を見直すという方法なら、食事は誰でも毎日摂っているものなので、それほどハードルは高くないと思います。


6月10日のためしてガッテンでは、上で紹介した料理以外でも食べやすいメニューが紹介されると思うので、チェックしてみて下さい。