暑い夜は、眠りづらいですね。

扇風機をかけても、生あったかい風がくるだけで全然涼しくない!

そんな時は、クーラーをつけて寝る人は多いと思いますが、これって健康的にはどうなんでしょうか?

管理人もクーラーをつけっぱなしで寝たりしますが、朝になると体が冷たく感じて実は不健康ではないか気になったので調べてみました。

                                                                                                                                                                                                                        

クーラーつけっぱなしで寝る時はこれに注意!

クーラー1



クーラーをつけて寝る時に気を付けたいことは3つあります。


1つ室内と室外の温度の差が
大きく開きすぎないようにする
ことです。


これは、寝ている時に限った話ではありませんが
起きている時なら目安は温度差が5度以下
になるように設定するのが理想です。



眠る時は、これよりもう少し
高いほうがよいですね。


クーラーをつけている部屋から
外に出た時にあまりに温度差がありすぎると
体温を調節する機能が上手くはたらかなく
なってしまうためです。



暑いとどうしても、低い温度にしたくなりがちですが
健康を考えるなら温度には注意するようにしましょう。



2つ目
クーラーから出てくる風を
直接体に当たらないようにする
ことですね。


眠る時は布団に入っているため、
クーラーの風が体全体に当たることは起きづらいです。
(眠っている時に布団を払いのけたりしない限り)



すると
布団から出ている頭の周辺ばかりが冷やされ、
体で冷えている部分とそうでない部分ができてしまい
体温を調節する機能が機能しなくなってしまいます。



その結果、風邪や熱中症になることがあります。


特に、体温を調節する機能が高くない
幼児やお年寄りの方は要注意です!






気を付けたいことの3つ目
朝方にクーラーをつけないことですね。


いくら夏の暑い時期といっても、
朝方は結構涼しいです。



それなら、クーラーをつける必要はなく
むしろ体が冷えすぎてしまいます。



そうならないようにするため
寝る前にタイマーをかけておけばよいです。



暑くて困るのは眠りに入る前だけなので
1時間程度で切れるようにしておいて
さっさと眠ってしまうのがよいでしょう。


まぁ、タイマーが切れる前までに
眠れないことも結構ありますけどね。
(それはおそらく暑さ以外の原因だと思います)


こんなことに気を付ければ大体、
大丈夫だと思いますが、
人によっては
クーラーをつけて寝ない方がいい人もいます。

次のページに続きます。