花粉症の予防に効果がある食べ物と症状を悪化させる食べ物がありますね。

その中でも、コーヒーは飲んだら花粉症の症状が悪くなるという意見とよい効果が
あるというものの両方があります。
そういう情報を色々見ているとどれが正しいのか迷ってしまいますね。

そこで、今回はコーヒーを飲むと花粉症の症状が悪化すると言われる理由悪い影響を与えない飲み方などを紹介します。

                                                                                                                                                                                                                        

コーヒーに含まれるカフェインで悪化?

コーヒー


コーヒーが花粉症によくないと言われる理由の1つは
カフェインです。



多くの方が知っているように
カフェインには覚醒作用があり
目が覚ましたり頭がスッキリさせる
効果がありますね。



その一方で、カフェインは刺激物なので
体の中の粘膜が影響されやすく
アレルギー反応が起こりやすくなります。



花粉症も1つのアレルギー反応なので
症状がより強く出ることが考えられます。



これが、コーヒーが花粉症に悪い影響を
及ぼすと言われる理由なんです。



とは言っても
花粉症の人がコーヒーを飲んでいても
症状が必ず悪化するとは言い切れません。



どうしてかというと


日本人はもともと
カフェインに強い体質なので
1日に何杯も飲むのでなければ
悪影響が出ることは考えづらいからです。



そういえば、花粉症の管理人も
花粉の時期にふつうにコーヒー
飲んでいても悪化したことは
一度もなかったです。




ただ、刺激物に弱い人は効果が現れやすいので
控えたほうがいいかもしれないですね。



それと、コーヒーがよくないと言われる2つ目の理由は
実はコーヒー自体とは別のものだったりもします。


次のページに続きます。