蕁麻疹になる原因の1つはストレスですが、その場合は症状が顔に出るなどといった特徴があります。

今回は、ストレス性の蕁麻疹の症状やその対処法について紹介します。

                                                                                                                                                                                                                        

ストレスによる蕁麻疹の症状って?

ストレス


蕁麻疹になると
皮膚に赤い腫れができて
かゆくなりますが


蕁麻疹がストレスが原因で
発症した場合の特徴は
顔に腫れができることです。





また、症状が出る時間帯は
夕方から夜と決まっていて
数分から数時間ほど続きます。





緊張がとけたり、安心して
ホッとすると症状が出るという人もいますが
夕方や夜は仕事が終わる時間のため
そのタイミングで出るのかもしれませんね。




症状にこのような特徴が
あれば、原因の1つとして
ストレスが考えれらます。





蕁麻疹はいろんな病気の中でも
原因を特定することが難しいですが
このように1つでも分かれば
治療も行いやすくなりますね。





では、ストレスが原因ならそれを解消すればよさそうですが
それともう1つ気を付けたいことがあります。





それは、食事です。



サンマやサバのような青魚やカニやエビなどの魚介類、
肉類や乳製品の他に添加物や保存料が使用されている
食品もアレルギーを起こしやすく蕁麻疹になりやすいです。



また、ストレスを抱えていると肝臓が弱くなってしまうので
肝臓に負担のかかるものを食べるのもよくありません。



まずは、ストレスの解消方法から紹介していきますね。


次のページに続きます。