ノロウイルスに限らずウイルスは、目に見えないので症状が現れなければ感染していることに気付くことがありません。

今回は、ノロウイルスの検査方法やその費用について紹介します。

                                                                                                                                                                                                                        

ノロウイルスにかかっているか検査する方法は?

検査


病院に行けば検査キットを用いて調べてもらえたり、
一部の病院では精密な方法で検査しているところがあります。


確かにあることにはありますが、
実際に検査されることはあまりなく
医師が症状を聞いて診断するケースが多いようです。


というのも
この検査キットが高額で保険が適用されるのが
3歳未満と65歳以上という謎の年齢制限が
あるためです。



さらに、キットで調べた結果はいつも正しいわけではなく
ノロウイルスに感染していても陽性にならないことも
あるそうです。


ちなみに、検査を受けると費用はいくらかかるのでしょうか?

検査の費用はいくら?

検査を受ける病院によって変わってきますが
5000~20000円が相場です。



病院で診察を受ける時、ほとんどの場合は保険がきくので
高い金額を払っている感覚はないからか
すごく高く感じますね。


で、これだけ払っても
キットなら検査した結果が
正しいか分からないという・・・


何だか、病院行く気がなくなりますね。


そもそも、検査する必要はあるのでしょうか?


検査する必要性って一体?


ここまでの内容をまとめると

病院に行ってもほとんどの場合が症状を聞かれるだけ
検査しても結果が合っているか分からない
検査を受けると3歳未満と65歳以上以外の人は高額な負担



また、ノロウイルスに感染して
胃腸炎になっても特効薬がないので

水分をとったり、薬を飲んだりしながら
安静にしているしか治す方法がありません。



検査して陽性と分かれば早めに対策できるので
家族や周りの影響は小さくすることはできますが
それ以外では検査を受けるメリットは特にないですね。



しかし、一方でそうではない人もいます。
ノロウイルスは感染力がとても強いので

飲食店など食べ物を扱う仕事をしている人
が感染していたりしたらもう大変です。


なので、検査する必要性があることもありますが、
そうではない場合の方が多い気がします。

まとめ


ノロウイルスの検査どころか病院に行く気も失わせてしまったかもしれませんが、
検査を受ける時は費用がかかることや周囲への影響などを考慮して決めるとよいでしょう。