11月18日のためしてガッテンで、急に起きる下痢について放送されます。

下痢の原因はいろいろありますが、今回取り上げられるのはパンを食べたことで起きるものみたいですね。

今回は、パンを食べるとどうして下痢になりやすいかや下痢を防ぐ方法をまとめてみました。

                                                                                                                                                                                                                        

パンを食べると下痢になる理由は?

パン2



パンを食べると下痢になりやすいと言われても
ピンとこない人が多いのではないでしょうか?


実は、パンの原料は小麦粉以外に
いろんな添加物が使われています。


よく使われるのは
イーストフードや乳化剤や砂糖ですね。



イーストフードは、塩化アンモニウムやリン酸などの
10種類以上の添加物が混ぜることで
作られています。



こんな名前見るだけで体に悪そうですね。
というか、実際によくないです。

Sponsored Links

もちろん、健康に害を及ぼすレベルで
使用されることはないですが、
腸が弱い人が食べると下痢になることは十分考えられます。




また、腸が正常な人でも口にする頻度が高いと
全然安全ではありません。



また、乳化剤も摂りすぎると下痢の原因になりますね。



あと、砂糖は日常的に食べるので意外かもしれませんが
食べると腸内の水分を増えるのでおなかがゆるくなりやすいです。



食事をとる時間がなくてパンを買ってきて
ささっと食事を済ませるという人もいると思いますが、
そういう場合に下痢をしないためにはどんなことに
気を付ければいいのでしょうか?



次のページに続きます