のどが痛い時の食事はどうする?


のどが痛い時は、やわらかくて
飲み込む時に負担の少ない
おかゆやうどんがいいですね。



他には、アイスクリームやゼリーなどの
冷たいものものどの炎症を緩和させるので
よいです。



特に、熱があって寝込んでいると
もっと食欲が起こらなくなってくるので
冷たいものは本当に食べやすいですね。



それでも、食べる気が起きない時は
ミネラルウオーターやスポーツドリンク
などで水分補給だけはするようにしましょう。



ただ、体を冷やしたり、下痢にならないように
食べ過ぎには注意して下さい。



ここまでは夏風邪について書いてきましたが、実はこれ以外にも
のどの調子が悪くなることがあります。

 

夏風邪以外でのどが痛くなる原因は?


暑い時期になるとクーラーをかけることが
多くなりますが、すると部屋の空気が
冷たくなったり乾燥してきます。




すると、のども乾燥して痛くなったり、
そうならなくても、ウイルスなどに
感染しやすい状態になってしまいます。




特に、暑い夜にクーラーをつけて
そのまま寝てしまったりすると
朝起きた時にのどがイガイガしていること
もあります。

⇨ クーラーつけっぱなしで寝るのは体によくないのか?




また、温度を下げすぎると
体を冷やして免疫力も下がって
夏風邪や夏バテなどになりやすくなるので注意しましょう!


まとめ


夏風邪は普通の風邪と比べて治すのに時間がかかるので、のどが痛くてどうしようもない時は

はちみつなど即効性のある方法で和らげるとよいでしょう。