夏に下痢をするのは冷たいものを食べ過ぎた時だけではなく、夏風邪を引いているケースもあります。

今回は、夏風邪で下痢した時の治し方や発熱時に水分補給をするべきかなど注意したいことについてまとめました。

                                                                                                                                                                                                                        

夏風邪で下痢を引き起こされる理由と治し方!

下痢


まず、夏風邪を引いたら
どうして下痢になるかというと、
感染するウイルスのためですね。



夏風邪の原因となるアデノウイルスや
エンテロウイルスは体の中に入った後、
お腹の中でもウジャウジャ繁殖します。



そして、体はそれらを排出しようと
するので下痢になってしまいます。
(体内のウイルスをすべて排出し切るのに、1ヶ月程度がかかります)



そのため、下痢を治すには
根本的な原因である夏風邪を
治す必要があります。




で、夏風邪をてっとり早く治す方法が
あるかというと、特効薬のようなものはなく
抗生物質も効きません。




なので、しっかり眠って、
食事をすることで免疫力体力
地道に上げていくしか本当にないです。




あまりに高い熱が出た時は
解熱剤を飲んで症状を和らげたり
するくらいですね。




あとは、下痢止めを使ってもいいのか気になる人は多いのではないでしょうか?




次のページに続きます。