下痢止めを使わない方が治りは早い!けど・・・


前のページでも書きましたが、
下痢になるのは体の中の
ウイルスを外に出すためです。



薬を飲んで下痢を止めて
しまうと、夏風邪が
治るのが遅くなってしまいます。



なので、夏風邪を早く治したければ
なるべく下痢止めは服用しない方が
いいです。



とは言っても、
症状があまりにもひどい場合は、
服用する方がよいこともあります。



下痢が頻繁に起きると、
思いのほか、体力を奪われてしまいます。




風邪を治すには体力が必要になるので
余分に消費されすぎても治るのに
時間がかかってしまいます。



そのため、体力温存のために
下痢止めを使うしかないことも
あり得ます。
(病院で医師に相談して決めるのがよいそうですが、個人的にはそんな余裕はない気がします)




あと、夏風邪を治すのにも水分補給が必要ですが、下痢がひどくならないようにあまり飲まない方がいいんじゃないかと思う人も中にはいると思います。


次のページに続きます。