夏風邪にかかる前に予防する方法を今回は紹介します。

夏風邪は冬に引く風邪とはウイルスが異なり、対策が少し違ってくるので注意が必要です。

                                                                                                                                                                                                                        

ビタミンの摂取を意識して免疫力を上げておく!

予防2


夏風邪に限ったことではありませんが
体の免疫力が高ければかかる可能性は
低いです。



身の回りの人がどんどんかかっていっても
免疫力が十分についていれば、全然平気な
場合もありますね。


そのため、夏風邪が流行る時期までに
免疫力を上げておくことは有効な
予防方法になります。





それなら、
上げる方法には何があるかといったら
1つは食事です。



普通の風邪と同じように
ビタミンを意識してとるのが
効果的です。



ビタミンCビタミンAをとるといいです。
(ビタミンCにはウイルスを退治する白血球の作用を強め、
ビタミンAには目とか皮膚などの粘膜の状態をよくする効果があります。)



ビタミンAが多いのは
うなぎ、鶏のレバー、ニンジン、小松菜などです。



特に、うなぎはこの他に
ビタミンB、D、たんぱく質
鉄分など栄養がとても豊富なのでおすすめです。




また、ビタミンCは野菜や果物に多く含まれ
ブロッコリー、ピーマン(特に赤と黄色)、
レモン、いちごなどですね。




普段、食事をとる時間が十分にとれない時は
こんなジュースを用意しておいて飲むように
するのもよいですね。

 




夏風邪に有効な食べ物は、実はまだまだあります。


次のページに続きます。