夜眠れなくて起きていると、お腹が空いてきて夜食を食べたくなることってありませんか?

そんな時にカロリーを気にせずにぱくぱく食べてしまうのが習慣になると、太ったり生活習慣病などの病気になる場合があります。

なので、なるだけ夜食はしないほうがいいですが、それでもお腹が空きすぎてどうしようもないこともあると思います。

そこで、どんな食べ物なら太りづらいのかなどをまとめてみました。

                                                                                                                                                                                                                        

夜食が体によくない理由って何?

夜食

夜の遅い時間はエネルギーの消費が少ないため食べた物が体の中で脂肪に変わりやすいです。


というのも、夜は体が休みをとることを促す副交感神経がはたらき
食べ物が消化されづらく直接腸から吸収されやすくなるためです。


このような状態が続くと太りやすくなる以外に高血圧などの病気にかかりやすくなります。


また、肥満が進むだけかというとそれだけではありません。

寝る前に食事をすると血糖値が上がった状態で眠ることになるので体の中では消化が行われているため睡眠の質が落ちてしまいます。



少し上で説明した消化されづらくなる副交感神経のはたらきと矛盾するようですが、消化が全くされないわけではなく、消化が活発に行われる昼間と比べると
消極的になるという意味です。


というように
夜食をしても脂肪はたまるし、眠りづらくなるしといったようにメリットらしいことはありません。


とは言え、眠りづらい時にお腹が空いている時はいっこうに眠たくなりませんよね?


管理人はこうゆうときは、空腹をいくら我慢して目を閉じていてもどうにかなったことは一度もありません。


そこで、何かを食べようとするわけですが
どんなものを食べても体に悪いかというとそうではありません。


脂肪として体にたまりやすいものとそうでないものがあるので
太りづらい食べ物を紹介しますね。

夜食しても太りづらい食べ物は?

スープ


夜食する時は、食べ物は


カロリーが低いもの
消化がいいもの
温かいもの

 

という基準で選ぶといいでしょう。


カロリーが低いものと消化がいいものは納得しやすいかと思いますが、
温かいもの?というのは意外かもしれませんね。


温かいものの方が冷たいものよりも空腹感が紛れやすくなります。


また、お腹がいっぱいになった気がするだけではなく
温かいものは一気に食べづらいです。(ネコ舌の人は特に)


なので、ゆっくり食べることによってカロリーは高くなくても
お腹が自然に満たされていきます。


では、これらの条件があてはまる食べ物は何があるかというと
スープや味噌汁などですね。


これなら夕食で作ったものがあまっていれば、温めてすぐに食べることができます。

もしなければ、市販の春雨スープとかでもいいと思います。
お湯を注ぐだけでも食べられるので手間もかからないです。



あとは、固いもので食べるの時間がかかるものでも空腹感を満たせます。
クッキーを口の中で溶かしながら食べるのもいいですね。


これなら、バターも砂糖も使っていないので、カロリーは低いですし。



逆に、ケーキやスナック菓子、ラーメンはよくないですね。

夜の遅い時間にラーメンや焼肉などの画像が投稿するという
夜食テロが流行っていますが、
こういうものはとても高カロリーなので
釣られないようにしましょう。

 


まとめ

夜食はなるべく控えた方がいいことは確かですが、逆に空腹感で眠れなくなってしまってどうしようもないこともあります。

脂っこいものをガブガブと食べるのはもちろんよくないですが、眠れなくなって翌日の活動が出てもよくありません。

そういう時は、なるべくカロリーの少ないような体に負担がかからないもの食べるのて翌日に備えるのがいいでしょう。