肌がミミズのように腫れて、かゆくなったことはありませんか?
この症状が出ると、蕁麻疹(じんましん)の可能性が高いです。

今回は、秋や冬に多い寒冷蕁麻疹の原因や治療方法についてまとめました。

                                                                                                                                                                                                                        

寒冷蕁麻疹の原因は体質とストレス!?

寒冷じんましん



蕁麻疹は
食生活やストレス・疲労などの要因が組み合わさり
肌に腫れができるという病気ですが


寒冷蕁麻疹は
これらの要因があり
体温より低い温度のものと触れたことが
きっかけとなり腫れができるというものです。



例えば、
冬の寒い日に暖房の効いた部屋から
外へ出て体が外気で冷やされたり
冷たい飲み物が入ったグラスを持った時に
手が急に冷やされたりする場面ですね。




また、逆のパターンで
体が冷たい状態から急に暖められても
腫れることもあるようです。



要するに、
温度が急に変わることで肌が腫れるのが寒冷蕁麻疹なのですが



そもそも
どうして、こんなふうにして肌が腫れるかというと
それは体の中のヒスタミンが関係しています。



温度変化によって体内で分泌された
ヒスタミンが血液の中の血しょう
を外へ出すため肌に赤い腫れができるようです。



上の例を見ると
「そんなちょっとしたことで、本当に蕁麻疹になるの??」
と思われるかもしれませんが



寒冷蕁麻疹は体質により、発症しやすい人がいます。
なりやすい人には、寒がりの傾向がありますね。



自分では気付きづらいかもしれませんが
周り(の寒がりではない人)から
必要以上の厚着をしているように見えたり

鳥肌が立つことが多かったり
するなどです。




このような体質的な要因に加えて
実際に蕁麻疹が発症する時に多いのは
ストレスや疲労がたまっているケースです。




蕁麻疹のはっきりした原因は分からないことの方が多く
70%は特定出来ないと言われていますが



患者の傾向からすると上のどれか1つ
あるいは複数が当てはまることが多いようです。




それでは、寒冷蕁麻疹を予防したり、治療するにはどうすればいいのでしょうか?


次のページに続きます。