体温を下げて眠たくする具体的な方法は?



暑い日は入浴する時に
湯船につかる気が起こらなくて
シャワーだけという人もいるのではないでしょうか?
(その方が熱くなくていいですよね。)




しかし、就寝前に体温を下げるという点からすると
湯船につかって体温を上げておき、
入浴後から眠る前にかけて徐々に下げていくのがよいです。




あまり熱いお湯につかると
逆に交感神経を刺激して眠りづらくなるので
ぬるま湯につかるのがちょうどよいと思います。




横になって眠る時、どうしても
暑さが気になる時は我慢せずにクーラーを
かけることをおすすめします。
(湿度が高い時は除湿もしましょう)




寝ている間ずっとつけっぱなしにしておくのは
よくない場合があるので、タイマーをかけて
眠りについて数時間後に切れるようにしておくのがよいでしょう。

⇨ クーラーつけっぱなしで寝るのは体によくないのか?




また、効果的に体温を下げる方法として
アイスノンを枕にしたり、
氷をくるんだタオルで
脇の下や首、脚の付け根を
ピンポイントで冷やすのも有効です。

Sponsored Links

特に、この3箇所は非常に効果が高く
熱中症になった時でも十分通用する
ぐらいです。




さらに対策するなら
布団の上にジュエルマット
などを敷けばもっと涼しくなります。

 

 

まとめ

暑い夜に眠りづらい時に無理やり眠ろうとするとするのは非常に疲れてしまいます。

体温を下げる工夫はいろいろあるので、それらを使って楽に眠れるようにしましょう。