睡眠中に寝言を言うことがありますが、眠っているのに喋るのって何だか不思議ですね。

今回は、睡眠中に寝言を言う原因やその治し方についてを紹介します。

                                                                                                                                                                                                                        

むにゃむにゃ言う寝言は大丈夫!?

寝言



寝言にはいろいろな種類があって、
睡眠中に自然に出る寝言と、
病気などの体の不調を示すものがあります。



まずは、放っておいても
大丈夫な方からいきますね。



そもそも、睡眠は
眠りが浅い状態と深い状態が
交互に繰り返しています。



よく言われる、レム睡眠と
ノンレム睡眠です。



レム睡眠の時は眠りが浅く、
夢を見やすくなっているのと
体の筋肉がゆるむこともあって

この状態で発する寝言は
夢の内容に関係していて、
はっきりした喋り方ではない場合が多いです。
(「むにゃむにゃ~~」とか、「ごにょごにょ~~」みたいなやつです)




レム睡眠時に寝言を言う人は
子供から20代前半までの男性が
多い傾向にあります。



このタイプの寝言は
放っておいても特に問題なく
健康に悪影響はありません。



そして、年を重ねるごとに回数が
減っていって、25歳になると
自然に言わなくなるようです。



そう言えば、管理人も子供の頃に
「寝てる時に寝言言ってた」
と何回言われたことか・・・



ところで、寝言には放置していると危険なものもあります。


次のページに続きます。