朝早くに起きてみると、頭がスッキリしたり体が楽になったように感じることはありませんか?

そんな日は、体調がすぐれるだけでなく仕事や勉強がいつもよりはかどりますね。

こういうことが起きるのは偶然ではなく、ちゃんとした理由があります。

今回は朝型の生活をすると得られるメリットについてまとめてみました。

                                                                                                                                                                                                                        

朝型生活の健康的なメリットはこれ!

朝1


朝型生活は、健康面ではまず代謝がよくなります


朝早く起きれば、1日がスタートする時間が早くなるので
夕食を早い時間に食べ終えることができます。

その結果、エネルギーの吸収と消費のサイクルが活発になり痩せやすい体質になります。



逆に夜型の生活になると、このサイクルが停滞しやすくなり
肥満体質になりやすくなります。

太る原因っていうと、
カロリーの高いものを食べ過ぎることでなってしまうイメージがあるかもしれません。

が、
実際は食事以外の生活習慣も影響します。

同じ食事をとっていたとしても、時間帯によって差が出てきてしまいます。




他には、気持ちに落ち着きが出るなど精神的な余裕ができます


これは早起きをしたから、物理的に使える時間が単純に増えたというだけではなく
人が幸福を感じる時に分泌されるセトロニンのためです。


セトロニンは、朝日を浴びたり、運動しても分泌されます。


なので、晴れた日だったら、早起きしてから外で軽く運動するのも
よいと思います。


お腹が空いていなくて、朝食をとる気が起こらない日は
なおさらおすすめです。




それと、メリットはもう1つあってそれは美容効果です。


肌をつくっている細胞が古いものから新しいものに活発に入れ替わるのが
22時から翌日の2時と言われています。

その時間帯に眠りについていると、肌がきれいになります。

それでは、仕事や勉強面ではどうでしょうか?

朝型にすると仕事や勉強がはかどるって本当?


朝型のライフスタイルによって、気持ちの余裕ができるため
仕事に落ち着いて取り組むことができます。


また、朝のスッキリした状態の頭なら多少複雑なことでも
無理なくこなすことができるはずです。

さらに、午前中は頭にストレスやが溜まっていないためか
何かを決めたりする時も迷うことはほとんどありません。


今では、夜の残業を禁止して朝の就業時間前に仕事ができる
朝型勤務という制度を導入している企業もありますね。



学校ではどうかというと
朝型の生活をしている生徒の方が成績がいいというデータが出ているそうです。



管理人もこのことは経験上、実感しています。
夜遅くまで起きていた翌日は寝起きは悪いですし、
活動する気が起こりづらいですね。

眠っている時間自体は変わらなくて、睡眠時間は足りていたとしてもです。
そして、昨日もっと早く寝たらよかった・・・と後悔します。


一方で、早い時間に眠って早起きした日はまったく違いますね。
同じ自分とは思えないぐらいに1日が進みます。

まとめ


朝型の生活は健康によいだけでなく、仕事や勉強にプラスにはたらきます。


また、美容効果もあるので、特に肌がきれいになりたい人で夜型の生活を送っている人は
朝型に変えてみるのがよいでしょう。