花粉症の時に朝起きると、日中の活動している時よりも辛いことってありませんか?

こうなるのは、体のはたらきと環境の2つの理由があります。

今回は、朝の花粉症の症状が特にひどい理由とその対処方法についてまとめました

                                                                                                                                                                                                                        

朝にやってくるモーニングアタックとは?

朝



花粉症にかかると朝に目が覚めて
起き上がろうとすると、鼻をかんでもかんでも
鼻水が止まらなかったり、のどが異常に痛くなる時があります。




そして、起きてから時間が経つにつれて
だんだんマシになっていくという・・・。



管理人も花粉症なんですが、
これって一体何なのか?最近まで知りませんでした。




それで、気になって調べてみたら
こんなことが分かりました。



こういう症状は、アレルギー性鼻炎の人なら
花粉症以外の時でも起こるものでモーニングアタックと言われています。



モーニングアタックって・・・
なんかの技の名前みたいですね。




どうして、モーニングアタックが起こるかというと



室内(特に眠っているベッドや布団の周り)にたまっていた花粉
眠っている間に吸い込んだりするのと、
あとは体の自律神経のはたらきによるためです。



次のページに続きます。