気管支炎は発症してから治るまでの期間が比較的長いです。

そのためか、治療をしても治っていないように感じる人も少なくないと思います。

今回は、気管支炎が治るまでの期間や、症状が長期化する慢性気管支炎の治療方法を紹介します。

                                                                                                                                                                                                                        

気管支炎が治るまでの期間は?

いつまで


気管支炎になると
期間が短いもの(急性気管支炎)で
3ヶ月症状が続くと言われています。




厄介なことに、
慢性気管支炎になってしまうと
1年間の中で咳や痰が3ヶ月以上
やまない状態が2年間続きます。




これって、
もし、おさまっている期間の方が長い場合なら
また咳き込むようになってもすぐに
治るだろうと思ってしまいそうです。




また、最低でも3ヶ月は続くこと
を知らなかったとしたら、
こんなに続くわけない!と思って
不安になるのも分からなくありません。
(というか、管理人なら不安になると思います)




ところで、急性気管支炎については、これまでにもいろいろ書いたので今回は慢性気管支炎に絞って対策を紹介します。


次のページに続きます。