気管支炎を治すには薬を飲んで安静にしているのが基本ですが、食べ物にも気を付けたいところです。

回復を促す栄養素を含むものがある一方で、逆に症状を悪化させてしまうものもあります。

今回は、気管支炎を治すのに効果的な食べ物と発症中は控えたいものを紹介します。

                                                                                                                                                                                                                        

気管支炎に効果的な食べ物は?

食べ物



気管支炎の時は咳が出て辛くなりますが
幸いなことにこれを抑える栄養が含まれる食べ物があります。



まずは、パイナップルですね。



たんぱく質を分解する酵素が
気管支近くの筋肉の緊張をほどいて
痰を分解するはたらきを持っています。




こんなこと知ってました?

管理人はそんなことは何も知らずに、
甘くておいしいなーと思って今まで食べてました。



また、殺菌効果のある緑茶もよいです。
殺菌効果と言えば、大根にもありますね。



大根は、炎症の抑制と免疫力upさせる効果がある
はちみつと相性がよいので、はちみつ大根を作って
飲むのもいいでしょう。(次のページで作り方を紹介しますね)




また、予防のため
粘膜の機能や免疫力を向上させる栄養素も
普段から摂取しておくことをおすすめします。



具体的には、
ビタミンAを含むレバーやかぼちゃなどは
粘膜を丈夫にしてウイルスから体を守る
はたらきがありますし、

ビタミンCを含むブロッコリーやいちごや
たんぱく質を含む魚や肉や大豆などは
免疫力を上げる効果があります。




こういうものは、気管支炎が発症してから
摂っても即効性はないですが、日常的に
食べ続けることで徐々に効果が現れてきます


次のページに続きます。