運動をした後や入浴した時に肌が赤くはれて、かゆくなったことはありませんか?

これは、蕁麻疹の症状です。蕁麻疹は食べ物のアレルギーによってなってしまうイメージがあるかもしれませんが、それだけではありません。

今回は、体温の上昇によって起こる温熱蕁麻疹の原因と治し方について紹介します。

                                                                                                                                                                                                                        

温熱蕁麻疹の原因って何? 

おんねつ


温熱蕁麻疹というのは

体が温まることによって
起こる蕁麻疹の1種です。



どういう時にこれが起こるかというと
冒頭で挙げたようなお風呂に入ったり
運動をして温まった時や

コタツに入って
温まったりしている時やカイロで体を温めている時ですね。



とまぁ、具体的な場面を挙げだすとキリが
ないんですが・・・



つまり、体が冷たい状態から暖かくなると
その温度変化による刺激で
発症しやすくなります。



このような体の温度変化も
蕁麻疹の原因の1つです。




ちなみに、温熱蕁麻疹は

冷たい状態 → 暖かい状態

という流れですが、実はこれの逆もあります。




つまり

暖かい状態 → 冷たい状態

ですが、急に体の温度が下がることによって起こる
蕁麻疹を寒冷蕁麻疹といいます。




寒冷蕁麻疹についてはこちらを参考にして下さい。
⇨ 寒冷蕁麻疹になる原因はストレスも関係する?どうすれば治療できるの?



あと、温熱蕁麻疹と間違えやすいものでコリン性蕁麻疹というものがあります。

次のページに続きます。