熱中症になると頭がガンガンしてきたり、めまいがすることが多いですが、
場合によっては下痢の症状が出ることもあります。

意外ではないですか?

冷たいもの飲みすぎたり食べ過ぎたりして、お腹をこわして下痢になるイメージが強いですが、下痢の原因は実はこれ以外にもあります。

今回は、熱中症で下痢を引き起こす原因とその対処方法をまとめました。

                                                                                                                                                                                                                        

熱中症で下痢になる原因は?

下痢




下痢をするパターンっていうと、

暑い日に冷たいジュースをガブガブ飲んだり
アイスをパクパク食べたり、
クーラーがガンガンきいた部屋で薄着していて、
お腹が痛くなってくる(orz)ことが多いですが、



体の中の水分が減っていき
脱水症状が引き起こされるのと、あること
組み合わさると下痢になることがあります。




それって何だと思いますか?




塩分やミネラルの不足です。



??どうして、これらが不足すると下痢につながるかというと、





水分補給する時に純粋な水だけを飲むと、
体の中に水がたくさんあって、塩分とミ
ネラルが少ない状態になります。




すると、体はこれらの濃度が低くなってしまうために、
濃度を高めようとして水分が体の外に排出されるので、
脱水症状が加速してしまいます。





どうやらこのことが原因になって、
下痢になるようです。





そのため、脱水症状で下痢を引き起こしている時は、
お腹が痛いからといってカイロを貼ったり、
厚着をしたりしても症状はよくなったりはしません。





というか、暑い時に下痢してもそれが
熱中症と関係しているかもしれないことに
気付ける人っているんでしょうか?




管理人なら、厚着とかしたりして
お腹をひたすら温めてそうです。




なので、暑い時期に下痢をした場合は、
まずは熱中症を疑ってみるのがよいでしょう。




特に、日差しが強い場所で長時間にわたって活動していて、
水分補給は水だけだったという場合なら、十分あり得る話です。


それでは、熱中症で下痢になった場合は、どうやって対処すればいいのでしょうか?

次のページに続きます。