熱中症になると、めまいがしたり失神したりすることがありますが、
重症になってくると寒気を感じるようになることもあります。

今回は、熱中症で寒気を感じる理由とその時にできる対処方法を紹介します。

                                                                                                                                                                                                                        

熱中症で寒気を感じたら危険?

スクリーンショット 2016-06-27 15.48.23


熱中症になるのは時期的に暑いときですし、
体に熱がこもっているのに寒く感じるというのは
普通に考えると不思議ですね。



寒気の症状は一般的にはよく知られていないですが、
熱中症にも他の病気と同じように
症状が軽いものから重いものまであります。



熱中症で寒気というのは明らかに尋常な状態
ではないので、なんとなく予想がつくと思いますが、
そこそこ重い部類の症状にあたります。



熱中症は、暑さによって体温調節が
できなくなることで様々な支障が
出てきますが、

あまりに症状が進むと
脳が障害を起こして本当は暑いのにも
かかわらず、寒いと感じるように
なってしまいます。




これって、ちょっと厄介ですね。



明らかに暑そうな顔したこんな人が

(;´Д`A 

「寒い!」と訴えてきたら、

熱中症なのか?それとも他の病気なのか?
混乱してしまいそうです。





まあ、最終的に病院で診てもらえば
熱中症だとすぐに分かると思いますけど。




ちなみに、同じくらいの重さの症状としては
他に頭痛や嘔吐を引き起こしたり、
気だるさを感じたりですね。



このレベルになってくると、自分で処置を行うのは
ちょっと難しくなってきますね。


実際に寒気を感じるようになったら、どうやって対処すればいいのでしょうか?



次のページに続きます。