日差しが強くなると、熱中症にかかりやすくなります。
それはどの人にとっても同じですが、子供に関しては特にかかりやすいので注意が必要です。

今回は、子供熱中症になった時の症状の見分け方と対処方法についてまとめたので、お子さんのいる方は参考にしてみて下さい。

                                                                                                                                                                                                                        

子供の熱中症の症状

子供




なぜ、子供の症状を見分ける必要があるかというと、
子供は自分の体に異変を感じたとしても、
そのことを上手く伝えられない
ことが多いからです。



幼児の場合は特にそうですね。
また、厄介なことに子供は体の性質上、
熱中症にかかりやすいです。




どういうことかというと、主な要因としては

子供は体温調節が大人に比べてうまくできないため、温度変化の影響を受けやすい

子供の体に含まれる水分の割合は70% ~ 80% と
大人(60%)と比較して高いため、 脱水症状を起こしやすい

のどが渇いても自分で水分をとることができない


が挙げられます。





管理人も子供の頃は、
気温の変化に適応できず、
季節の変わり目にはよく風邪を引いたりしていました。





また、1日にとる水分の量も大人と比べて、
子供の頃は多かったです。
(飲み物を飲んでもすぐ喉が渇いたりとか)






とまぁ、子供は大人に比べて
こういう事情があるので、
熱い日に短時間の間だけでも放っておくのは危ないです。




特に、車で外出した時などに、車の中で待たせるのは危険です。
(車の中は温度が上がりやすいので、日差しが直接当たる環境でなくても体調が悪化する可能性は十分あります。)





そのため、保護者の方は
子供の様子には目を配り、
いつもと変わりがないか確認する必要があります





その時、次のような様子が見られた時は、
熱中症の可能性が高いので早急に処置をしましょう。


ぐったりしている

体が異常に熱い

意識がはっきりしない

顔色が悪い

唇が乾いていたり、舌が濡れていない

(緊急性が高いことなので、赤で書きました)


この中でも、ぐったりしている、体が熱い時というのは
既に重症化している可能性が高いため、
すぐに救急車を呼びましょう。







実際になってしまった時の対処も重要ですが、
そうならないために元気な時から対策しておくことも大切です。



そこで、次に熱中症の予防方法と、かかった時の処置の仕方を紹介します。


次のページに続きます。