気が付いたら、手や足のが割れていたことはありませんか?

爪が割れるのは何か原因があるのではないかと気になったので、調べてみました。

                                                                                                                                                                                                                        

爪が割れるのには原因があった!

爪

 

爪が割れる原因っていうと
手を服の袖に通したりする時に、
爪が引っかかったりするぐらいしか
ないのかと思っていました。


、調べてみると
いろいろ見つかりました。



1つは洗剤とか、
マニキュアを取り除く除光液ですね。


これらが爪に触れると割れやすい状態になります。
(洗い物やネイルをする女性の方に多い原因です)





ちょっと深刻なものでは
爪に病気がある場合です。



例えば、
爪の根元に腫瘍があるいせいで
割れてしまったり、

爪と皮膚の間に菌がたまって
水虫と似たような状態になり
爪が白くなったりするものもあります。
(ちょっと、怖いですね)





他に、よくあるのが
栄養不足です。



普段、食事から摂っている
栄養が偏っていたりすると
体の調子が悪くなることがありますが、
爪も同じです。



爪はほとんどが
タンパク質でできているので
食事で摂るタンパク質が減ると
爪自体が弱くなってしまいます。


他にもビタミンAやビタミンB2は
爪を乾燥から守ったり、成長させる
はたらきがありますし、

少しマイナーなものでは
アミノ酸、亜鉛、葉酸なども
重要だったりします。



特に、爪の場合は体の端の端という
栄養が最も届きづらい位置にあるので
影響が強く現れます。



それでは、爪が割れないように予防したり、割れてしまった時はどう対処すればよいのでしょうか?


次のページに続きます。