物忘れって自分ではなかなか気付きにくい病気の1つです。

あれ? あの服、着ようと思っていたのに見つからない!
ここにしまっておいたはずなのに。

そして、部屋中を探しまくる・・・


今回は、物忘れが起きる原因やそうなっていないかをチェッケする方法を紹介します。

                                                                                                                                                                                                                        

物忘れの原因はストレス?

ストレス



物をおいた場所が分からなくなる時ってありませんか?
管理人は時々、あります。
(まぁ、おそらく部屋が散らかっているせいです)



この物置き場所が分からなくなるというのは
物忘れの症状の1つです。



もちろん、これだけで物忘れだと
決まってしまうわけではないですが
可能性がないわけではありません。

Sponsored Links

物忘れの症状としては

約束を覚えていない
比較的新しい出来事を思い出せない
ちょっとしたことで怒りやすくなった
考えがまとまらない
同じ事を何度も言う


などです。(この他にもたくさんあります)




このような症状が出る原因の1つは
ストレスですね。



ひどく緊張したり、
プレッシャーがかかった場面では頭がいつものように動かないので
その時の記憶力や判断力は普段よりもがくっと落ちてしまいます。



こういう時って、いつもできることが
全然できないんですよねー。


いつもの自分と別人になったような感覚です。

 

また、原因はストレスだけではなく、他には

高齢化
偏った食事
睡眠不足
病気

です。



ところで、最近物忘れが気になるけど、
「病院に行くのは・・・」とか「認知症と思われたら嫌だなぁ」という方もいると思います。


そこで、誰にもバレずに物忘れかどうかを自分1人でチェックする方法を次に紹介しますね。


次のページに続きます。