暑い時期になると、水分補給したり、温度調節したりして熱中症にかからないようにあれこれ対策しますよね?

熱中症になるのは人だけではなく、も例外ではありません。
犬の場合は体の構造上、人よりも熱中症にかかりやすいので注意が必要です。

今回は、熱中症にかかっているかどうかを見分ける方法や対策を紹介します。

                                                                                                                                                                                                                        

犬の熱中症で気を付けたいこと!

犬 2


犬は体が毛で覆われているため、
足の肉球以外に汗腺(汗を排出するところ)がないので、
人間のように体温の調節を行うことができません。


そのため、
暑さなどの環境的な影響を強く受けてしまいます。
(かわいそうですね;)




さらに、犬は衣服を着ないので
暑さが体に体に伝わってしまいますし、
地面からそれほど高くない範囲を動き回るので
日光を人よりも多く浴びてしまいます






さらにさらに、最も厄介なのが
犬は人の言葉を話すことができないため、
調子が悪くなっても、飼い主に伝える手段がありません。



幼い子供が親に自分の体調の異常を
伝えることが難しいとかそんな次元ではありません。


子供の熱中症についてはこちらを見てください。
⇨ 
熱中症になった子供の症状は見分けられる?どうやって処置する?


では、飼い主は犬が熱中かどうかを
どのように判断すればよいかというと、
次のような様子があった場合は疑ってみるとよいでしょう。



熱中症になった犬の症状:
呼吸の仕方が浅く、速い(脈が速い)
目が充血して、体温が高い

 



1つ目の呼吸は、
口から舌を出して苦しそうに息をしているような様子です。

Sponsored Links

どうして、こんなふうに息をするのかというと、
唾液を蒸発させて体温を下げようとしているためです。


上でも書いたように、
犬は全身が毛で覆われているため、
体温を調節する手段が限られています。





2つ目の体温についてですが、犬の平熱は38度前後ですが、
体温を調節することができないと41度前後まで上がり
ここまで上昇すると死んでしまうこともあります。



このような症状が見られた時は、
体を冷やしたり、水分を与えるのが鉄則です。






他には、部屋の中で飼っている場合は
クーラーで温度を調節したり、
カーテンを閉めて外からの光を遮断したり
するのも
効果的です。




外の場合は日陰に移動させたり、
犬は地面の熱が足を通じて直接体に伝わってしまうので
水まきしてあげるのもよいです。


冷やし方は、体全体というより、
脇の下、脚の付け根をピンポイントで冷やすのが
効率的です。
(これは、人が熱中症にかかった場合と同じですね。)






ところで、水分補給には
何をあげればいいのか迷う方もいるかと思います。


例えば、人が飲むようなスポーツドリンクを飲ませても大丈夫なのでしょうか?


次のページに続きます。