秋になるとのどがかゆくなったり、鼻がムズムズしたりすることはありませんか?

今回は、秋の花粉症の原因・症状と対策を春の花粉症との違いをハッキリさせた上でまとめました。

                                                                                                                                                                                                                        

秋の花粉症の原因はブタクサ, ヨモギ, … etc !

秋


秋にのどや鼻の調子が悪くなった場合はもちろん風邪の可能性はありますが
6~8月に飛ぶ花粉による花粉症かもしれません。



花粉症は春にかかるイメージがある人は少なくないと思いますが
実はスギやヒノキの花粉が飛び終わると別の花粉が飛び始めます。


それが、ブタクサやヨモギ、イネなどです。



飛んでいる量は春に比べると多くはないですが
これらに対してアレルギーをもっている人が浴びれば
花粉症の症状を引き起こします。


アレルギーは人によってまちまちのため
春は花粉症の症状がひどくても秋になったら全然平気という人(管理人もそうです)
やその逆、あるいは春と秋どちらも花粉症という人もいます。


また、1年を通して雑草の花粉は何かしら常に飛んでいるので
もっているアレルギーが多ければ年中花粉症という人もいるようです。


ちなみに、管理人の友人に最後のタイプの人がいます。
いつも鼻の調子が悪そうで、苦しそうでした。


ところで、秋の花粉症の症状って春とは何か違うところはあるのでしょうか?


症状は春の花粉症とはどう違うの?

せき


まず、鼻水が頻繁に出るようになったり、鼻がつまったり、くしゃみをしたり、目がかゆくなったりというのは春の花粉症と同じです。


それに加えて秋になると咳(せき)が出やすくなります


どうしてかというと
それは吸い込んだ花粉の種類が関係しています。


6~8月になるとブタクサやヨモギの花粉が飛ぶと書きましたが、
ブタクサはスギなどに比べると小さいため吸い込んだときに
気管支に入りやすいです。


体はこれを追い出そうとするため、咳が出るようになるそうです。


鼻水やくしゃみや咳が出るというと風邪の症状とどう区別すればいいか
気になる人もいると思うので、見分け方を紹介しますね。



もし、高い熱が出なければ風邪ではなく花粉症です。


また、目が充血してきても花粉症です。


それと期間的な見分け方としては
症状が1週間で収まらず、2週間くらい続くのであれば花粉症の可能性が高いです。


そして、花粉症がきっかけで咳が出るようになって
それが長引くときは喘息(ぜんそく)になることがあるので
早めに病院で診てもらいましょう。


自分で花粉症か風邪か判断できないときは、検査を受ければどちらなのかが分かります。


また、花粉症で鼻やのどの調子が悪いときとは耳鼻科、目がかゆみなどは眼科で診てもらいましょう。

どうやって対策すればいいの?

対策2


対策としてはまず、春の花粉症と同様に
口、鼻、目の粘膜から花粉が体の中に
入らないようすることが大切です。


忘れがちなのが目の対策ですね。


マスクをして口と鼻はふさいでいても
目はノーガードという人もいますが
実は目からも花粉を浴びています。


ちゃんと対策をするなら
花粉用のメガネをして
目もしっかり守る必要があります。

 


また、帽子をかぶるのも髪に花粉が付きづらくなるので
効果的です。



そして、
秋の花粉症の原因であるブタクサ、ヨモギは雑草なので
草がたくさん生えているところにはなるべく近づかないようにしましょう。


花粉が出ているところに突っ込んでいったら、大量に浴びてしまいます。


あと、部屋の中にいても窓やドアを開けたりすると外から花粉が部屋の中に入ってきます。


なので掃除はこまめにして、部屋の中に花粉がたまらないようにしましょう。
床をしっかり拭いたり、空気清浄機を回すことでかなり取り除くことができます。

 

まとめ


秋は春に比べると飛ぶ花粉の量は多くないですが、体質によっては花粉症になる人もいます。


秋に注意したいのは、春とは違って咳が出てそれが長引くかもしれないことです。


普段から花粉から身を守る対策をしておき、症状が現れたら早めに病院で診てもらうようにしましょう。


症状は風邪と紛らわしいですが、検査を受ければどちらなのか知ることができますので。