空腹感を取り除くだけではない食物繊維の隠れた効果!



食物繊維の他の効果として、
1つは腸の調子を整えられ便秘の予防にもなるんですね。


食物繊維が腸の中に入ると
それをエサとする腸内細菌が寄ってきて発酵し、
細菌が増えることで腸内の環境がよくなっていきます。



さらに、水溶性の食物繊維は
腸内で水分を取り込んで、
有害物質を体の外へと排出してくれます。



なので、便秘で悩んでいる方は
普段の食事を見直してみて、
海藻やネバネバしたものをあまり食べていなければ、
意識して食べるようにするとよいと思います。






また、もう1つの効果として
食物繊維には糖質の吸収を
遅くすることができるので、




血糖値が食後に急激に上がるのを
抑えることも可能です。




そのため、食事の内容は
それほど変わらなくても、
食物繊維を含んだものを取り入れることで、
太りづらい体質にしていくことができます。




これを長く続けていけば、
肥満や糖尿病も予防することもできるので、
積極的に摂ることをおすすめします。




前のページで紹介したネバネバしたものは
苦手な人も多いかもしれませんが、
これだけの健康効果を得られるので、
頑張って食べてみる価値はあると思います。

まとめ

食事と食事の間に空腹を感じなくする方法としては、食物繊維
(特に、水溶性のほう)を摂るのが有効です。


また、それ以外にも便秘予防(解消)や肥満・糖尿病の予防にもつながるので、これらに悩んでいる方にもおすすめです。