自分の周りに胃腸炎にかかった人の近くにいると自分もお腹の調子が・・・となったことはありませんか?

ひょっとして、胃腸炎って人から人にうつるのでは?と気付いている人もいるのではないでしょうか?

今回は、胃腸炎がうつる原因やその予防方法についてまとめました。

                                                                                                                                                                                                                        

胃腸炎がうつる原因は?

ウイルス3


胃腸炎になるのは
ウイルスや細菌が体の中に
侵入して発症するためですが

ウイルスの中でもノロウイルスやロタウイルスは
感染力が非常に強いです。



そのため、胃腸炎の人から
健康な人へ簡単にうつってしまいます。



胃腸炎にかかった人からうつる原因の1つは
感染している人の咳(せき)や、くしゃみですね。


ウイルスは空気を介して近くの人にうつっていきます。



なので、外出して人が多く集まっている場所に
行く時は
注意が必要です。




また、咳やくしゃみで直接飛んできたものだけではなく
電車のつり革やドアノブなどといった
多くの人が触る場所には
空気中を漂っていたウイルスが
付いていることが多いです。



もう1つは、胃腸炎を患っている人の排泄物や嘔吐物には
ウイルスが
多く含まれています。



これらに直接触れるのはもちろん、
無防備でこれらに近づくのもアウトです。



付着していたウイルスは空気中に広がっていくため、
そばの空気にもウイルスが漂っています。



人から感染する経路としてはこれだけですが、
人以外でも胃腸炎のウイルスをもっている生き物がいます。



それが、牡蠣(カキ)やシジミなどの2枚貝です。



これらは、海水中で餌を食べる時に一緒に取り込む海水には
実は胃腸炎の原因となるノロウイルスが含まれています。


すると、これら貝たちが海の中で餌を
ぱくぱく食べるたびに、
ノロウイルスが
貝にたまっていきます。



加熱して食べれば、大丈夫なのですが
生で食べてしまうと胃腸炎になる場合があります。

Sponsored Links

もちろん、生で食べたらいつも胃腸炎になったりしませんが
子供や高齢者、若い人でも体調が悪かったりすると
あたる時があります。



管理人の友人で、
美味しいお店で生ガキ食べた!とか
SNSに画像付きで投稿はしてる人がいて


勢いよく投稿はしたものの
下痢で1週間ダウンしましたと新たしく追記されていて
アララって感じで見てました。



特に、ウイルスは冬になると活動が活発になるので
気を付けましょう。



それでは、次にウイルスにうつらないようにするための予防方法を紹介します。


次のページに続きます。