胃腸炎になって、安静にしているのに全く熱が下がらない・・・そんな経験はありませんか?

実際は下がらないことはないんですが、症状の重さに気が滅入り発熱している期間が長く感じるのかもしれません。

今回は、胃腸炎が回復するまでの期間熱が出たときに下げたほうがいいかどうかについてまとめました。

                                                                                                                                                                                                                        

胃腸炎が治るまでの期間は?

熱


胃腸炎になってみると分かるんですが
熱の症状に加えて下痢や嘔吐があり
想像以上にきついです。




普通の風邪だったら
鼻やのどの調子が悪くなったり熱が出たりして、
「あー、しんどいなー」っていう感じですが
胃腸炎はそのレベルではありません。



布団の中で入って休んでいても
全然楽ではないですね。



体が熱いのと気持ち悪いのが同時にくるので
時間が経つのが、すっごく長く感じます。

Sponsored Links

まぁ、体感時間は置いておくとして
実際に胃腸炎が治るまでにどれくらいかかるのでしょうか?




胃腸炎にはウイルス性のものと細菌性のものがあるので
期間といってもまちまちですが、早ければ2~3日で治ります。



しかし、長引くとウイルス性の場合は1週間ほど
細菌性の場合は2週間ほどかかってしまいます。



ウイルス性と細菌性のどっちにかかったかは
医師が診断しても判断できないこともあります。




なので、どっちなのかを100%知る方法はありませんが
傾向としては細菌性のものは夏にウイルス性ものは冬に
感染することが多いです。




そして、高い熱が出るのはウイルス性の胃腸炎です。




それでは、熱が出たら解熱剤を使って下げたほうがいいのでしょうか?


次のページに続きます。