胃腸炎になって寝込んでいると、お腹が空いた時に食事の用意をするのはメンドくさいですね。

そんな時は、コンビニでササッと何かを買って来て食べたいですが、消化のよいものを選ばないと症状が悪化してしまいます。

今回は、胃腸炎の時にコンビニで買えるお腹にやさしい食べ物を紹介します。

                                                                                                                                                                                                                        

胃腸炎の時にも食べられるコンビニ食品は?

スクリーンショット 2015-11-03 15.11.23



胃腸炎の症状が出ている時は
食欲はわきませんし、食事をしても消化されません。


そのため、食事できるのは
ある程度症状が治ってきてからになります。


胃腸炎を患っている時は、脂肪分や塩分が少なく
栄養が摂れるものを食べるのがよいです。



例えば、
体のエネルギーになる炭水化物や胃の粘膜を回復させるタンパク質
あとは、ビタミンなどですね。



炭水化物では
食パンや蒸しパン、うどん、そうめん、
レトルトのおかゆなどが胃腸炎の時でも食べやすいです。



これらを食べる時に
ちょっと気を付けて欲しいことがあります。


食パンは耳の部分はよけて、
柔らかい生地の部分だけ食べるようにして下さい。


また、うどんはカップに入ったインスタントの物もありますが
それらは塩分が多く含まれているので、元気な時なら問題なくても
胃腸炎の時は胃に負担がかかってしまいます。


麺だけのうどんを、お湯で十分茹でてから食べるようにしましょう。




この中で手軽に食べられるのはパンと
レトルトのおかゆですね。

Sponsored Links

この2つはほとんど手間がかからないので
本当におすすめです。



これらは、体のエネルギーのもとになるものですが、
胃の回復が期待できるタンパク質も併せて食べると効果的です。


タンパク質が含まれていて、胃腸炎の時にも
食べやすい物というと卵や豆腐などですね。


上で、紹介したおかゆを作る時に
これらを混ぜてしまってもいいと思います。


その時に、濃い味付けにならないように
注意しましょう。




また、おかゆを食べられるようになるには胃腸炎がある程度
治っている必要があります。


胃腸炎になった時に食事をどうやって戻していくかについて
詳しいことはこちらにまとめてあるので参考にしてみて下さい。

関連記事:胃腸炎が治ったらいつから食事をしても大丈夫なの?




あとは、ビタミンCが含まれるりんごや
バナナなどの果物は
ビタミンCを含んでいますし、
タンパク質の消化を促す大根
よいです。


それと、胃腸炎の時に食べるのは避けたほうがいいものもまとめておきますね。




次のページに続きます。