健康な人でも胃腸炎の人と同じ環境にいると、うつってしまうことがあります。

今回は、見落としやすい入浴や洗濯する時の胃腸炎の感染についてまとめました。

                                                                                                                                                                                                                        

胃腸炎はお風呂でもうつる?

お風呂



胃腸炎の原因となる細菌やウイルスは感染者の排泄物や嘔吐物に多く含まれています。


そのため、胃腸炎の人を看病する時にはこれらを患者の代わりに処理する時には注意が必要です。



詳しいことはこちらを参考にして下さい。

⇨ 胃腸炎がうつるのは本当なのか!?その原因や感染ルートと予防方法は?





ここで紹介するのは
胃腸炎の患者が使用した後にお風呂に入ったり
衣服を一緒に洗濯したりするときに
どうすれば感染を防げるかです。




まずは、お風呂からいきますね。




「お風呂の中は温度が高いから、ウイルスがいても死んでるはず!」
と安心するのは危ないです。




確かに、胃腸炎の原因となる細菌やウイルスは熱に弱いですが
殺菌するために必要な温度は 85度以上!! と非常に高いです。




浴室の温度がここまで上げることなんてないですし、
熱いお湯がいくら好きな人でも
こんな超高温の浴槽には・・・
入れないですよね。




なので、胃腸炎の患者がつかった後の浴槽にはウイルスや細菌が
住みついている可能性があります。

Sponsored Links

また、浴槽以外でも洗面器やお風呂の床など
にもついているかもしれません。




家族の中で胃腸炎にかかっている人がいる場合は
お風呂の入り方を工夫しないと
他の健康な人も感染してしまうことがあります。




それでは、どうすればいいかというと

胃腸炎の患者が一番最後に入り
全員の入浴が終わったら
浴室の掃除を必ずするようにします。




くれぐれも、体を洗うタオルやお風呂から出た後に
体をふくタオルは共用するのはやめましょう。



そして
浴槽はお湯を全部流してから
洗剤を使ってブラシでゴシゴシ洗って、

浴室の床、洗面器も、あとイスもあれば
すべて綺麗にしましょう。



それでは、胃腸炎の人の衣服を洗濯する時はどうすればいいのでしょうか?


次のページに続きます。