胃腸風邪は、普通の風邪とは違い発熱の他に下痢や嘔吐などの症状が出るため、大人でも厄介な病気です。

大人に比べて免疫力が低い子供がかかってしまうと、負担はかなり大きいです。

今回は、子供の胃腸風邪の症状や治療する時に注意したいことを紹介します。

                                                                                                                                                                                                                        

子供がなりやすい症状は?

こども



子供が胃腸風邪になった場合、
大人の症状と少し傾向が異なります。


胃腸風邪にはウイルス性のものと
細菌性のもの2種類ありますが
子供はウイルス性のロタウイルス
アデノウイルスにかかりやすいです。



特に、ロタウイルスは感染力が非常に強く
年齢が低いほどかかりやすいです。



ロタウイルスに感染して胃腸風邪になった場合、
症状は
37~38度のくらいの発熱と下痢や嘔吐
特徴的ですね。



熱はそれほど高くはならないですが、
下痢と嘔吐がつらいです。




下痢は1日に何回も起こり、長引くと1週間程度、
嘔吐は1日に数回起こり、こちらは1~2日程度で
収まるようです。




あと、アデノウイルスに感染した時の症状も

まとめておきますね。



胃腸風邪の場合、高熱が出ることは多くないのですが
アデノウイルスの場合は、38~40度くらいの高い熱が出ます。

Sponsored Links

その他には、
のどのはれや痛み、目の充血が特徴です。


これだけ見ても、うんざりするほど
症状がいろいろあるわけですが
幼い子供の場合はこの他にも
合併症になりやすいですΣ(゚д゚;)ェェッ!?



脱水症状になることにより
意識がぼやけたり
脳に炎症を起こすことがあります。



これを見分けるには、
子供に話しかけたり体をゆすってみて
反応を見るとよいです。



反応がなかったり、
いつもと様子が違うように感じたら
早く病院に連れて行きましょう。


合併症が悪化すると、
てんかんや発達障害などの後遺症が
残る可能性があります。



管理人は胃腸風邪になったことはありますが、
その時はもう大人になってました。


、相当つらかったです。




その時の話や、胃腸風邪の症状全般について知りたい場合は
こちらも見てみて下さい。
⇨ 
胃腸風邪になったら高い熱は出る?他の症状や治療方法は?



もし、子供の時にかかっていたらと思うと、ぞっとします。



では、子供を治療する時は何に気を付ければいいのでしょうか?


次のページに続きます。