春に近づくと、花粉症の人にはつらい時期になりますね。
鼻水が頻繁に出るようになったり、目がかゆくなったり・・・。

今回は、花粉症の症状の中でも見落としがちなのどの痛みの原因とその対処方法を紹介します。

                                                                                                                                                                                                                        

花粉症でのどが痛む原因は?

のど


花粉症でのどが痛む原因は、まずは
スギやヒノキから飛んでくる花粉による
のどの炎症です。




症状としては花粉がのどを通過することで、
のどがイガイガしたり、ヒリヒリしたり
症状が重い場合は咳が出ることもあります。



これは、割と気が付きやすい原因ですね。


ちなみに、スギよりヒノキの方が
のどへの影響が大きいです。



なので、
毎年、花粉が飛ぶ時期にのどが痛くなる人は
ヒノキが飛ぶ3月下旬から5月上旬は外出を必要以上に
しないなど注意しておくとよいでしょう。



それと、花粉でのどが痛くなる原因はもう1つあって、
それは口呼吸によってのどが乾燥するためです。



「犬でもないのに、どうして口呼吸?」
と思われるかもしれませんが、


花粉によって、鼻の炎症が起こり
鼻からの呼吸がしづらくなり
口を使った呼吸が増えるためです。




すると、
乾燥した空気がのどに直接あたり
のどに炎症ができやすくなります。



また、花粉以外にも空気には菌やホコリが
含まれているので、口の中の免疫力が低下
しやすいです。


その結果、咽頭痛(いんとうつう)を引き起こすこともあります。




何だか、花粉症の人を落ち込ませる内容ばっかりになってしまいましたが
のどの痛みを治す方法がないわけではありません。


次のページで、それを紹介してきますね。