花粉症で鼻や目の調子が悪くなると、薬を飲んで症状を抑えることが多いと思いますが、症状は抑えることはできても別の厄介な問題があります。

それは、薬の副作用です。

今回は、花粉症の薬の副作用の1つである眠気が起こる理由とその対策についてまとめました。

                                                                                                                                                                                                                        

花粉症の薬を飲むと眠くなるのは何故?

眠い



薬を飲んで眠くなるのは
花粉症に限った話ではないですが
特に花粉症の場合はこの傾向が顕著です。




そもそも花粉症は
体内に入ってきた花粉に免疫細胞が反応して
起こるアレルギー症状(鼻水やくしゃみ)ですが、


そのアレルギー症状を引き起こしているのが
体内のヒスタミンです。




そのため、花粉症の症状を抑制する薬は
ヒスタミンのはたらきを抑え込むように
作られています。





それなら、薬を飲んで
鼻水やくしゃみを引き起こしている
ヒスタミンの動きさえ止めてしまえば
解決解決・・・








と思われるかもしれませんが
そうもいかないんです。




というのも、ヒスタミンには
脳を覚醒させるはたらきもあります。



つまり、ヒスタミンが正常にはたらいていれば
思考力や判断力を問題なく発揮することができます。



ただ、花粉症の薬を飲むと
ヒスタミンのはたらきが低下して
これらがまともに使えなくなってしまいます。




すると、頭が冴えずにボーッとしてきて
結果的に眠くなってくるという感じですね。



これが花粉症の薬を飲むと眠くなる理由です。




ここまでで、見てきたように
花粉症の症状を止めることと
脳の覚醒状態をキープすることは
相反することなので



薬を飲んだら眠くなるというのは
仕方ないといったら仕方ないんですが



仕事や集中してやりたいことがあって症状は抑えたいけど
眠くなったら困るということってありますよね?




そこで、次に眠気が強くない薬を紹介していきますね。

次のページに続きます