花粉症になると、鼻水が出るようになったり目がかゆくなったりしますが頭痛が起こることもあります。

頭痛って花粉症とは関係なさそうですが、そんなことはありません。

今回は、花粉症で頭痛になる原因とその治し方についてまとめました。

                                                                                                                                                                                                                        

花粉症の頭痛の原因は鼻の通りが悪いから?

頭痛


花粉症で頭痛になる原因の1つは
脳に送られる酸素が不足することです。



呼吸する時は鼻呼吸が多いと思いますが
花粉が鼻の中に入ると鼻の内部が腫れてしまいます。



もちろん、侵入した花粉が全部鼻の中に残るわけではないです。


くしゃみなどをして花粉を外へ追い出そうとしますが、
それでも一部は残ってしまいます。



このように、鼻の中が腫れると空気の通り道が狭くなってしまうので
脳へ送られる空気が減り頭が酸欠状態になります。



花粉症で頭痛になるもう1つの原因は副鼻腔にできる炎症です。
副鼻腔というのは、鼻や目頭の周辺の頬にある空洞のことですね。


この部分に花粉が入り込むことで、鼻腔と副鼻腔をつないでいる道に炎症ができ
頭痛が発生します。



また、この副鼻腔炎が悪化して慢性化すると(蓄膿症)、
炎症ができていた部分に膿(うみ)がたまり
蓄膿症の症状として頭痛が起こります。




こうなってしまうと、もう花粉症だけ治せばよいという話ではなくなり
慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の治療も受けなくてはいけなくなります。


蓄膿症の治し方については別記事で紹介しているので、そちらを参考にして下さい。

関連記事:
蓄膿症の治し方について




それでは、花粉症で頭痛が起きた時は、どうすれば治せるのでしょうか?


もちろん、花粉症を根本的に治すことができればよいのですが、
ここでは
即効性のある方法を紹介していきますね。

次のページに続きます