花粉症対策をするとなったら、どんなことが思い浮かびますか?

外に出るときはマスクをしたり、薬を飲んだりするのをイメージする人が多いのではないでしょうか?

これらは体に花粉が入るのを防いだり、症状を抑えたりするのに有効ですが、食事によって花粉症にかかりづらい体質を作ることも可能です。

今回は、花粉症の食べ物の栄養補給による対策を紹介します。

                                                                                                                                                                                                                        

花粉症に効果のある食べ物は?

野菜 

 


花粉症は、体の中に入ってきた花粉に対して
免疫細胞が反応しすぎることによって起こります。



鼻水が出たり、くしゃみが出るのは
体内の花粉を外に追い出そうとして
起こる症状です。



そのため、
体が花粉に過度に反応しないように
体の免疫を高めることができれば
症状を和らげることが可能です。



そこで、有効なのが食事による
免疫力向上です。




食事は毎日行うものなので
普段運動をあまりしない人が
新しく運動を始めたりするという類のものではありません。
(もちろん、運動はするほうがいいんですけどね)



花粉症の症状を緩和させるのに効果的な栄養素は
主にポリフェノール、αリノレン、乳酸菌などです。



これらが含まれている食べ物というと
野菜ではブロコッリー、トマト、紫蘇(しそ)ですね。




ブロコッリーにはαリノレンの他に、
ビタミン(A , B2 , C , E)カリウム、カルシウム、食物繊維
が含まれているのでとても健康的です。



トマトは、トマトジュースや缶詰のものには
ポリフェノールが豊富に含まれています。

そのままの状態で売っているトマトには、
ポリフェノールはほとんど含まれていないので
花粉症対策をするならジュースや缶詰のものを食べるのがよいでしょう。




ポリフェノールやリノレン以外の栄養素でも
花粉症に効果のあるものはあって、
それらが含まれている野菜は
玉ねぎ、ニンニク、ニラ、レンコンなどですね。



では、野菜の他に花粉症の症状緩和に効果的な食べ物も紹介していきますね。


次のページに続きます