子供蓄膿症になると、体の異変に気が付くことができなかったりして治療が遅れてしまうケースが多くあります。

今回は、子供の蓄膿症の治療方法や何に注意してあげればよいかについてまとめました。

                                                                                                                                                                                                                        

子供の蓄膿症の特徴は?

子供はな



まず、子供の蓄膿症で知っておきたいことは
子供は蓄膿症になりやすい
ということです。




蓄膿症は、細菌による鼻の炎症が
副鼻腔まで広がることで起きますが、
子供の場合は、鼻から細菌が入りやすいことや
副鼻腔が十分に発達していないためです。





また、風邪を引いても
鼻の炎症が副鼻腔まで拡大して
蓄膿症になることも多いですね。



そして、厄介なことに
蓄膿症が発症していても
子供はそれに気付かない場合がほとんどです。



自分が子供だった時を思い出してみると分かると思いますが、
体調が悪くなったことに早く気が付いて
対策できたでしょうか?



大抵、具合がかなり悪くなって初めて気が付いて
その時にはもう手遅れ(ノω・、) ウゥ・・・
というケースが多いのではないかと思います。



管理人は蓄膿症は経験したことはないですが
子供の頃に自動車に乗っていて、
気分が悪くなっていることに
に全然気が付かずに
吐いたことが何度もありますね。






そこで、必要になってくるのは保護者の方のケアです。

では、どんなことに気を付けてあげればいいのでしょうか?




次のページに続きます。