蓄膿症は鼻の炎症が広がり副鼻腔に膿がたまる病気ですが、症状が進むとのどの調子が悪くなることがあります。

今回は、蓄膿症によるのどの不調とその治療方法を紹介します。

                                                                                                                                                                                                                        

のどがおかしい時は後鼻漏!?

のど



蓄膿症になると
ドロドロした鼻水が頻繁に出るようになります。




蓄膿症は特に治療をせずに放置していると
悪化するので、耳鼻科に行ったりせず
そのままにしていると悪化してきます。




最初は、鼻水が鼻から出ていたのが
次第にのどに鼻水が落ちてくるようになってしまいます



これは後鼻漏という病気の症状です。



これ以外にも
咳き込んだり、痰がからむことが急に増えたり
のどに痛みや不快感を感じたり、口の中がねばねばしたり
することがあります。




こういう症状のいずれかに当てはまる時は
後鼻漏の可能性が高いです。




治療するには、後鼻漏を引き起こしている
根本的な原因を解消する必要があります。

Sponsored Links

そもそも、こんな病気があることを知らなくて
風邪と勘違いして風邪薬を飲んでも
原因が風邪でなかった場合は効果がありません。




後鼻漏も蓄膿症と同様に放っておくと
症状が悪化して、場合によっては
後頭部まで影響を及ぼすことがあります。




また、蓄膿症が原因で
後鼻漏が発症している場合
後鼻漏が悪化することで蓄膿症も悪化してしまいます。




そのため、
のどや口がいつもと何か違う!と感じた時は
早めに病院で診てもらうようにしましょう。


ところで
咳や痰が出ていても、軽く見てしまいがちですが
これらが長く続く状態もよくありません。




次のページに続きます。