蕁麻疹は、早い段階で適切な治療をすればそれほど長く続くことはないですが
治療を始めるのが遅れると回復するまでに長い期間がかかることがあります。

今回は、蕁麻疹が長引いた場合の治療方法や、治るまでにどれくらいかかるかについてまとめました。

                                                                                                                                                                                                                        

蕁麻疹が長引いた時の治療の仕方は?

慢性



症状が一ヶ月以上続く蕁麻疹は
慢性蕁麻疹と言われています。




もともと、症状が重い場合もありますが
軽いものでも早期に発見することができずに
重症化するケースが多いです。



蕁麻疹の治療方法としては
発症した原因を突き止めてそれを日常から取り除くのと
(食べ物によるアレルギーが原因ならそれを食べないようにするとかですね)

抗ヒスタミン薬やステロイド剤などの薬を服用する
というものがあります。




慢性蕁麻疹の場合は
原因を突き止めることが難しいため
まずは薬を飲んで症状を抑えながら原因になりそうなものを
生活から取り除いていく治療法が使われることが多いですね。




となると、
食事が制限されて食べたいものが食べれられなくなるんじゃ・・・?
と不安になる人もいるかもしれませんが
そうゆう心配はしなくても大丈夫です!

Sponsored Links

食べ物によるアレルギーが原因だとハッキリしていなければ
食事制限がかかることはないそうです。




ただ、添加物や香辛料などの刺激物が含まれる食べ物は
口にしないほうがよいですし、アルコールやタバコも
控えたほうがよいです。




くれぐれも、食べ過ぎや飲み過ぎはしないようにしましょう。




暴飲暴食に走ってしまう場合って、
生活の中でストレスがたまっている
ことが多いので、

そういう意味では
単に食事を見直すだけでなく
自分なりのストレスの解消の仕方を
見つけて実践するのも大切ですね!




ところで、この慢性蕁麻疹って一ヶ月以上続くと書きましたがどのくらい続くのでしょうか?


次のページに続きます。