子供の肌が、赤く腫れているところを見たことはありませんか?
それが虫刺されなどではなく、蕁麻疹の場合は適切に対処する必要があります。

そこで、子供が蕁麻疹になる原因としてよくあるものとその対処法についてまとめました。

                                                                                                                                                                                                                        

子供が蕁麻疹になる原因で多いのはこれ!

子供



蕁麻疹の原因はいろいろありますが
子供と大人では身体的な性質により
原因が異なる傾向があります。



また、子供の皮膚は大人よりも
うすいのでちょっとした刺激で
蕁麻疹になることが多いですね。




それでは、よくあるものを1つずつ見ていきましょう!



1つは、子供は大人に比べて体温を調節する機能が
低いので、急な温度の変化が刺激となり
蕁麻疹が発症する場合があります。




夏の暑い日にクーラーのきいた涼しい部屋から
出たり、冬なら暖かい部屋から外へ出た時など
ですね。

 

また、身体的な原因として
免疫力が十分でないため
風邪を引きやすいことも挙げられます。



風邪をひくと、免疫が活発に働くようになり
ささいなことがきっかけで
蕁麻疹を発症しやすくなってしまいます。



他には、保存料などの食品添加物を含んだお菓子を
よく食べたりするとそれが原因になることもありますし



頻繁に半袖や半ズボンで草の生えた場所に
行って遊んだりしていると、草や虫と皮膚が
接触して発症することもあります。




それでは、どうやって対処すればよいのでしょうか?


次のページに続きます。