に刺されていたことに気付かずにいると、いつのまにかかゆくなって
爪でかいてしまうと、もっとかゆくなる。

夏にこんなことはありませんか?
蚊に刺されてかゆくて仕方ない時の対処法をまとめました。

                                                                                                                                                                                                                        

蚊に刺された時のかゆみに効く対処法

スクリーンショット 2016-06-20 12.34.08



蚊に刺されたら、
市販の薬を塗ればいいっていう人も
いるかもしれません。



しかし、薬がいつの間にか切れたことを
忘れてしまっていることもあるかもしれませんし、

近所に薬局があればいいですが、かゆいのを我慢して
遠くまで買いに行くのとか
・・・気が遠くなってきますね。



また、夜中に蚊に刺されて薬がなかったら
買いに行くこともできないですよね。
(コンビニは医薬品を売ってないですし。)




そこで、市販の薬に頼らずにかゆみを抑える対処法
いくつか紹介します。 




石鹸(せっけん)の泡を塗る
蚊に刺されてからそれほど時間が経っていない場合には、
患部を石鹸で作った泡を塗るのが効果があります。




冷たいもので冷やす
患部を氷や保冷剤など冷たいもので冷やすのもよいです。

アイスなど冷たい食べものを買った時に
もらえる保冷剤などを残しておくと、
こんな場面で利用することができます。




塩を塗る
蚊に刺された部分は弱い酸性になっているので、
アルカリ性の塩を塗ることで中和させることで、
かゆみを抑えることができます。




オレンジやレモンの果汁を塗る
柑橘類の果汁にはかゆみをとる効果があります。
みかんは蚊が活躍する夏場には手に入らないので、
1年を通して手に入るオレンジやレモンを用意しておくとすぐに対応できます。




蒸したタオルをあてる
温度を40度から50度程度に
温めたタオルを患部にあてれば、
蚊が血を吸う時に人の体に残した
唾液の酵素のはたらきを止めることができます。





絆創膏(ばんそうこう)を貼る

蚊が人の血を吸う時に人の体内に入れた唾液が
皮膚の炎症を起こしており、
それが空気が触れることでかゆみを発生させています。

なので、空気と皮膚を触れさせないように
ふさいでしまえばかゆみを抑えられます。


また、絆創膏である必要はなく、
空気の出入りをふさげるテープなどでも大丈夫です。





いかがだったでしょうか?


特に準備が必要なものはなく、
家にあるもので十分実践できる方法だったと思います。


また、蚊に刺された後の対処も重要ですが、蚊に刺されないように対策も紹介していきますね。




次のページに続きます。