夏になると、家の中にいても蚊が入ってきて刺されることがありますね。

家の近くに草が多く生えていたり、水たまりがあったりすると蚊が発生しやすいです。

蚊の対策の仕方はいろいろありますが、匂いの強い虫除けスプレーや煙が出る蚊取り線香は苦手な人もいると思います。

そこで、そのような人のためにアロマを使った対策を紹介しました。

                                                                                                                                                                                                                        

蚊を寄せつけない4つのアロマとは?

アロマ


アロマというと、
ビンに入った液体の
イメージがあるかもしれませんが、
植物の葉や種から取り出した油で作られています。


植物の種類によっては、
虫が嫌う匂いを放つものもあります。




特に、蚊が苦手なアロマは
レモン、レモンユーカリ、ゼラニウム、ラベンダーですね。



ゼラニウムは聞き慣れないかもしれませんが、
甘くミントのような香りがして、
女性は好きな人が多いですね。




ラベンダーは種類によっては
いい香りがするものがありますが
人と虫って嗅覚が違うんですね。





では、アロマを実際に使う時に、
蚊取り線香のように部屋でガンガンたくのか
それとも
直接肌につける方がいいのかどっちがいいのでしょうか?




次のページに続きます。