口臭がする原因はいろいろありますが、その1つは口内の親知らずです。

今回は、親知らずが口臭の原因になる理由や抜いた後のケアなどについてまとめました。

                                                                                                                                                                                                                        

親知らずは口臭の原因になるのは何故?

口臭

口臭がする原因のほとんどは
口の中の問題です。
(他は胃などの消化器官です)



例えば、歯周病によって
歯と歯茎の間に膿がたまったり
舌が汚れていたり、それともう1つが
親知らずですね。




親知らずは、口の中の奥の奥にあるので
歯磨きする時にブラシが届きづらく
磨き残しが生じやすいです。



そのため、食べカスがたまって
細菌が繁殖したり、場合によっては
虫歯になることもあります。



さらに、他の歯のように
まっすぐ生えてくることは稀であり
斜めに生えることが多いので


歯茎が歯に被さって
歯と歯茎の間にカスがたまりやすいんです。




歯周病や舌の汚れなら
普段から歯磨きやうがいを
行っていれば予防することができますが
親知らずを清潔にした状態をキープするのは難しいです。





そこで、これらを解決する方法は
手術して抜いてしまうことですね。
(というか、これ以外にないと思います)



そうすれば、親知らずに起因する口臭はしなくなります。



、抜いてからしばらくは口が臭う期間が続きます。



次のページで、抜歯後の口臭の対処の仕方を紹介しますね。