親知らずは将来痛み出さないように抜いてしまうことが多いので、虫歯になったらなおさら抜く方がよさそうですね。

しかし、場合によっては治療して残しおく方がいいケースもあります。

今回は、虫歯の親知らずを抜くべきか治療するべきかについてまとめました。

                                                                                                                                                                                                                        

虫歯になった親知らずを抜いた方がいいのはこんな場合!

虫歯



まず、抜いた方がいい時は
虫歯を治療しても再発する
可能性が高い場合ですね。




例えば、親知らずの虫歯だけに
とどまらず、隣の歯に虫歯が
うつってしまっている時です。



こういう場合は、親知らずを
抜いてしまって、隣の歯を
治療した方が再び虫歯になりづらいです。




そもそも、親知らずが虫歯になって
他の歯も巻き添えを食うのは

親知らずが横やななめを向いている
ように生え方に問題があったり
噛み合わせが合っていない
ことが多いです。




なので、そういう時は
虫歯になる前に抜いてしまった方が
よいと思います。



健康な状態の親知らずを抜くか抜かないかについてはこちらを見て下さい、
⇨ 親知らずは抜いてしまう?抜かない方がいい場合はあるのか? 




それと、あとは虫歯がかなり進んでしまっている
です。




親知らずが生えている根っこの部分は
とっても深いため、虫歯が神経のあたりまで
進行している時は、虫歯を完全に取り除く
のは難しいですね。




ちなみに、口の中で同じ位置にあっても
虫歯の治療をするよりも抜く方が
簡単らしいです。




それでは、虫歯の親知らずを治療して
残した方がいい場合はどういう時なのでしょうか?


次のページに続きます。