親知らずは手術で抜いている最中はもちろん、抜歯後も痛いです。

そのため、痛みがいつまで続くのか気になって仕方がないという人も少なくないと思います。

今回は、親知らずを抜いた後の痛みがいつまで続くかということや早く回復させるための方法についてまとめました。

                                                                                                                                                                                                                        

抜歯後の痛みはいつまで続く?

痛み


親知らずを抜いた後の痛みが治るまでの期間は
一般的には一週間程度と言われていますが
実際には個人差があります。




例えば、
横向きに生えている歯や
根っこが深い歯を手術して抜く場合

もとの状態のままではペンチで
ひっこ抜くことができないので
周りの歯茎を切り開く必要があります。




すると、まっすぐ生えている歯を抜くのに
比べれば歯茎への負担が大きくなるので
痛みや腫れは長引いてしまいます。




管理人が親知らずを抜いた時も
歯茎を切っていたため、
痛みがずっと続くんじゃないか
と思うくらい長かかった気がします。




あと、痛みがひくまでに日がかかる
要因というと、上側か下側のどちらの
親知らずを抜くかでも変わりますね。




下にあるものを抜く方が
歯茎への負担が大きいため
痛みも長引くようです。
(下の歯の方がどっしり生えているからなんですかね?)




あと、痛みのピークがくるのは
抜いてから2~3日後ですね。
抜いた当日はそれほど強い痛みはありませんが
2,3日経つと結構痛くなります。




しかし、それ以上経つと
だんだんと痛みが和らいでいきます。
ところで、親知らずを抜いて痛みが長引くのはイヤですし、
口の中をなるべく早く元どおりにしたいですね。



そこで、抜歯後に注意したいことや早く回復させる方法を紹介していきますね。


次のページに続きます。