逆流性食道炎になると、胸やけや咳などの症状が出ますが口臭が発生することがあります。

口臭になる原因は他にもあるので、本当にこれのせいなのか迷ってしまうかもしれませんね。

今回は、逆流性食道炎によって口臭が起こる理由とその対策の仕方についてまとめました。

                                                                                                                                                                                                                        

逆流性食道炎になるとどうして口臭がするの?

口臭



胃には体の中に取り込んだ食べ物を
消化するために胃酸が入っています。



胃と食道の境目には胃酸が食道に流れ込むことを防ぐ
壁のようなもの(下部食道括約筋といいます)が
あるので、健康な時は胃酸が逆流することは
ありません。




しかし、普段とっている食事などの生活習慣が原因となり
胃と食道の間にある壁が機能しなくなって
胃酸が外へ流れ出てしまう時があります。
(これを逆流性食道炎と言います。)




胃酸は非常に強い酸なので
食道を通ったりしたらもう
炎症を起こしたり、ただれたりしてしまいます。




それじゃあ、胃の中にちゃんと収まっている時は
胃は大丈夫なの?と心配になるかもしれませんが
大丈夫です!



胃の内側は胃酸に耐久できるつくりになっている
そうです。



結局、逆流性食道炎による口臭の正体は何かというと
この胃酸の臭いです。



ところで、口臭がする原因って他にもありますが、逆流性食道炎によるものかどうかをどうやって判断すればいいのでしょうか?



次のページに続きます。