逆流性食道炎を治す方法は生活習慣の改善と薬物治療の2つです。

今回は、逆流性食道炎の症状を和らげるの種類や効果についてまとめてみました。

                                                                                                                                                                                                                        

逆流性食道炎の種類と効果は?

薬



逆流性食道炎の症状に効果がある
薬は4種類あります。




胃酸の分泌を抑えるもの、食道の粘膜を胃酸から守るもの
食道の運動を活発化させるもの、胃酸を中和させるもの
の4つです。




この中でよく用いられるのは
胃酸が分泌されるのを抑える薬ですね。




この効果のある薬には大きく分けると2つあります。


1つはプロトンポンプという胃酸を作り出す器官の
はたらきを妨害するPPI(プロトンポンプ阻害薬)と
言われるものです。



2つ目は、胃酸は体の細胞中にあるH2受容体
と結びつくことによっても生成されますが
その結合を妨げるH2ブロッカーという薬です。





注意としては、これらの効果は胃酸の分泌を
減らすことであって、胃酸が食道に逆流
する原因(普段の食事内容やストレス)
を解決するものではありません。




そのため、薬の服用はあくまで対症療法と
考えておき、生活習慣を見直すなどして
根本的な原因を取り除く必要があります。



ところで、薬物治療を行う場合は薬はどうやって選べばよいのでしょうか?

薬の選び方と副作用は?


最もよいのは、
消化器科や胃腸科がある病院で
診察を受けて、自分の病状に合った薬を処方してもらうことです。
(この2つの科が近くにない時は、内科でも大丈夫です。)




とは言っても、忙しかったりして
通院する時間が取れないという人も
いると思います。




そういう場合は、市販のものでもいいので
胃酸の分泌を抑える作用があるH2ブロッカーやPPIを
服用するとよいです。





どちらも逆流性食道炎に対して有効ですが
H2ブロッカーは便秘や下痢、食欲不振などがの
副作用が起きることがあります。



その点、PPIはそのような副作用は少なく
効き目も強いです。
(胃酸を抑えて、さらに胸やけも和らいだりもするそうです。)



ただし、再発を繰り返す場合は
継続的に飲み続けなければいけなくなる
こともあります。




市販のものを数日の間服用してみて
症状が改善しない時は、何が何でも
時間を作って病院で治療を受けるようにしましょう。
(病院で処方される薬は市販のものとは効き目が違います。)



薬といえばこのような対症療法を目的としたものだけではなく、根本的な原因から治す漢方薬もありますが、これは逆流性食道炎には効くのでしょうか?



次のページに続きます。